処理すると下着、水着を堂々と着られる

アンダーヘアを処理する大きなメリットといえば、水着や下着を着た時にムダ毛を気にする必要がなくなることです。

下着姿を見せる機会はそう多くはないと思いますが、例えば会社の女子ロッカーや温泉に行ったときに、着替えをする機会も出てくるかもしれません。そのときに女性は他の女性を何気なくチェックしているものなのです。どんな下着を身に着けているのか、ムダ毛の処理はできているのかといった細かい部分をよく見ているのです。

それを見てその人が女性としてマメにムダ毛ケアをしているのかどうかを探ったりしています。また親しい男性の前で下着姿になったときも、男性は女性のムダ毛の処理具合をチェックしています。

ジェイエステは、口コミを見て判断しましょう

男性は特に細かい部分のムダ毛に関してもこだわりを持っており、女性の乳首の周りの毛やアンダーヘアが下着からはみ出ているのが許せないのです。また夏になるとプールや海に出かけて水着になる機会も増えます。

水着になるとつい目に見える前の方のムダ毛しかチェックしていないことがありますが、ムダ毛がお尻や股の部分からはみ出ていることもあります。それを知らずに堂々と水着を着ている姿は、あまり見栄えの良い物ではありません。

アンダーヘアをしっかりと処理しておくことで、ムダ毛がはみ出て恥ずかしい思いをしなくて済みます。

また水着や下着のデザインによっては股ン切れ込みが深いものがありますが、ムダ毛を処理しておけばそういった大胆なデザインの水着、下着も着られます。

メディプラスゲルはダマができなくなりました

衛生面でも安心

アンダーヘアを処理しておくと衛生的なのです。

今アンダーヘアの脱毛方法としてハイジニーナ脱毛という脱毛法が話題を集めているのですが、その語源はhygiene、衛生という意味を持つ単語から来ているのです。

実はムダ毛が生えているとそれが下半身を保護してくれるのですが、ムダ毛があると雑菌やごみがたまりやすく下半身の衛生状態を悪くしているのです。例えば肛門周りのムダ毛も下半身の衛生状態を悪化させている要因になります。肛門から私たちは便を出していますし、便は体で不要となった物の塊です。

排便後はよく肛門の周りをティッシュでふいたり、ウォッシュレットにて洗っていると思うのですが、それでも便のカスがムダ毛にまとわりついて残っていることがあります。

それが雑菌を繁殖させる元になるため大変不衛生です。肛門の周りのムダ毛は水着や下着を身に着けていると後ろからはみ出ているアンダーヘアです。

前の方のアンダーヘアと比べて自分の目で確認することができませんので、処理を怠ってしまう方が多い部分です。また自分で処理するにしても鏡を見ながらでないと処理できないため、処理残しが出やすい部分になります。

日本ではアンダーヘアを全て処理するハイジニーナ脱毛はそれほどメジャーではありませんが、欧米では主流のアンダーヘア処理方法です。何のために全てムダ毛を処理するのかというと、見た目をよくするという理由だけでなく衛生状態を保つためという意味が強いからです。

ミュゼの全身脱毛は、顔も含まれています

生理時の蒸れやかぶれ、臭いが解消

女性は毎月生理がありますし、それ以外の期間でもおりものなどの分泌物が常に下半身から排せつされています。

女性の分泌物は臭いが強くなることもあり、こまめにナプキンを変える、下着におりものシートを付けるなどして対策をとられている女性も大変多いのです。

それでも臭いが消えず、それが原因で人と会うのが億劫になる、他の人と距離を置こうとする方も中にはいらっしゃいます。特に汗ばむ季節になると下着の中も蒸れやすくなってしまうため、普段より臭いが強くなったように感じます。下半身の臭いを発生させる原因は、雑菌が繁殖することで起こります。

人間の体温程度の温度、そして適度な湿気があると雑菌はどんどん繁殖してしまうため、臭いも強くなったように感じます。そしてその蒸れをさらに悪化させているのがアンダーヘアの存在です。アンダーヘアがあるとそれだけ下着の中の密度が高くなってしまって、蒸れやすく通気性も悪い状態を作ってしまいます。

また雑菌が繁殖すると臭いが強くなるだけではありません。肌にかぶれやかゆみが起こりやすくなったりもします。アンダーヘアがあると下着と素肌の間の通気性が悪くなり蒸れやすくなります。

それが雑菌を増殖させてしまうのです。そして特に女性は生理の時は肌の状態もデリケートになっているため、かぶれが出やすい状態になるのです。生理時や普段の蒸れ、お肌が弱い方はかぶれに悩まされている方も多いでしょう。

アンダーヘアのムダ毛を処理することで、蒸れが軽減されますので、臭いや肌荒れが起こりにくくなります。

ジェイエステティックに行けば良さがわかります